岡山の<葬儀><家族葬><直葬>お葬式は、「ずいうんどう葬祭」へ

〒701-1152岡山県岡山市北区津高489-5

トップページ > ずいうんどう日記 > 2018年4月アーカイブ

2018年4月アーカイブ

こんにちは

綺麗だった桜も散って

今日は汗ばむくらい良いお天気ですね。

ずっと 「風邪ひいたかな?」

って思ってたら症状が長引いて、花粉症のようでした(・・;)

花粉症を克服して何年にもなるのに...!

どう気をつけて良いのやら

この症状だけはどうも不可思議ですね!?

 

 

お久しぶりです。原です。
ここ数日、初夏みたいに暖かかった(暑かった)のに、今日は雨の影響か、ひんやりしますね。

開花時期の桜の見ごろに雨が当たらなかったので、今年の桜は例年より長く私たちの目を楽しませてくれましたね(^^)

文固い...(笑)

この雨で、葉桜になっていた桜が、きっと散っちゃいますね...
ところによれば今咲き誇り始めたばかりで、この雨にも耐えてくれそうですが、、頑張ってほしいな~と思います。
また時間空いたら見に行きたい

今年は、梅と桜が一緒に観れました♪
会館前の坂道が、ちょっとした桜並木になっていて綺麗なのですが、その間に一本、ちょこんと植わっている梅(たぶん紅梅)が、とてもかわいいんです!

壮観な桜の間に小ぶりになちょこんとした燃えるように咲く牡丹色!(畄_)
可愛い...


桜は壮観できれいだけど、「桜は散る姿が一等美しい」 と言ったように、その刹那が綺麗なんだなと思わされます。
舞い散る桜、本当にきれい。


桜を愛でる習慣って、実は諸説あってどれが正しいかわかってないそうです。

江戸・吉原遊郭が、桜を移植したことが始まり、とも云われてます。(原はこの説派)

それまで、つまりみんなが桜を愛でるようになる前までは、
奈良時代とかは花見と言えば梅の花だったそうなのです。

あ、なんかわかるかも、って思いました。
梅の花は、上向きの枝になるから、炎みたいです。どこか雄々しく咲く花です。かっこいい。


桜たちの列にある紅梅(決定)の目を引くことと言ったら(o´д`o)
今年は桜と足並みそろって開花でしたが、例年はもちろん梅の方が早咲きしてくれます


『梅は咲いたか、桜はまだかいな♪』

んんんッ