岡山の<葬儀><家族葬><直葬>お葬式は、「ずいうんどう葬祭」へ

〒701-1152岡山県岡山市北区津高489-5

トップページ > ずいうんどう日記 > 2016年7月アーカイブ

2016年7月アーカイブ

「コラムで日記じゃないから」、と言うことらしいのですが、日記は日記であげてるのに...。
ご自分日記すら書かないのに、、、。

そういう理由で、【仏教について】はしばらくお休みです。読んでコメントくださった方すみません;ー;


社長と他のスタッフさんの日記を待っててくださいね。

3日前まで、連日大雨で各地で警報注意報が嵐のようにテロップ出ていたのに...

一昨日から打って変わって気温が30度を前後する真夏日になりました。
(と思えばさっき夕立のような強い通り雨に遭いました)

暑くなってくると、心配なのが熱中症ですよね。
Eテレ番組の『チョイス@病気になったとき』で【熱中症対策】を取り上げていてためになるなと思ったので、リンク貼りますね。

熱中症になったときの対策というより、熱中症を事前に予防するために普段から続けることを教えてくれてます。
汗をかきやすい身体づくりを心がけよう、という感じです。
(Eテレは優しく教えてくれてためになる。この番組ではないけど、時々再放送を再放送と表示せずに流してるものもあるけれど)

病気を取り上げる番組は後学や備えに役立ちますが、そんなことを意識しすぎたら日常生活が送れませんよね。
こんな話を聞いたことがあります。

人間ドックや各身体検査で、問題のまったくでなかったAさん。
ふと、「そういえば、自分の身体で、"胃" ってどこにあるんだろいう?」と、何の気なく疑問が浮かびました。
翌年Aさんは健康診断にひっかかり、病院で検査を受けたところ、胃ガンと診断されました。

Aさんは胃を意識して、ガンになったのです。
この一例が極端と思われるかもしれませんが実際にあったはなしです。人間の、ある意味神秘ともいえる脳の力。
ほくろも脳の働きによってできたり消えたりします。(実証済。by原)

屋内と屋外の気温差によって食欲不振、夏バテや貧血を起こしたりします。
夏バテになったことない人は、話を聞いていると、三食きっちり食事を摂って、睡眠も充分とっています。
夏は暑くて食欲湧かないし調理も正直言ってだるいので一食抜いちゃったりするんですが、そういう時に奮起して食事するべきなんですよね。
 奮起も『頑張らなきゃ』という意識で続けてたら、『食事は頑張って(=苦労して)しなければならないもの』と脳が覚えてしまうので、余力があるときに簡単に作って、ないときは出来合いか簡単なもので済ませて、それを続けていけば、自然となんの苦も無くやれるようになっていきます。

料理毎日してた時期は特に意識せず毎食3~5品目くらい作れてたのに、数日サボると「料理面倒くさい...」ってなっちゃうアレww

 朝起きるとき、休日も平日通りの時間に起きれば、休日明けの起床は体が覚えているのでなんの苦もないそうですヨ★(でもやっぱ予定のない休みの日は寝汚く惰眠をむさぼるのが贅沢ですが...)



暑さとけだるさ、夏バテは少し現代病のように感じます。エアコンの効きすぎた場所と屋外の温度差がほぼ原因。
除湿するだけでも体感温度はだいぶ違いますし、エアコンの設定温度を見直してみるといいかもしれませんね^0^


毎回ながら長文、ご一読、ありがとうございました~(^^)ノ〝