岡山の<葬儀><家族葬><直葬>お葬式は、「ずいうんどう葬祭」へ

〒701-1152岡山県岡山市北区津高489-5

トップページ > ずいうんどう日記 > 2016年6月アーカイブ

2016年6月アーカイブ

今日は岡山県霊柩自動車協会の通常総会に参加してきました。
会長挨拶から来賓挨拶、議題、平成28年度事業計画案の説明をされ、満場一致で閉会となりました。

霊柩自動車協会はトラック協会、トラック協会は運輸省の管轄です。

昨年からここ数カ月、多くの死傷者を出してしまったバス事故、多発し続ける飲酒運転による事故...

それが霊柩自動車協会にも影響し、今後、今以上の法令順守の徹底、安全対策、事故防止の徹底が要求されます。
故人様を預かる寝台車霊柩車の運転には最大の注意を払って業務にあたっていますが、こういった集会での喚起や呼びかけが、地道に思えますがこれこそが肝要なのかなと思いました。業種等関係なく、個人のプライベートや必要時の安全運転のために。

免許証剥奪、罰金、懲役等の罰則、また2013年より危険運転致死傷 等が新設され、法律もさらに厳しくなりました。

この罰を恐れて危険運転をしなくなればとも思いますが、法律自体の認知度は高いとは言い難く、あくまで、事故を起こした後の "罰"です。


もっと広く認識されるように、集会や公演、HPでの呼びかけ等、地道に積み重ねていかなければなぁと今回の総会で改めて思いました。

世論のこと


| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨夜、今朝と涼しいというか少し冷えますね。北海道では雪とか...
 皆様朝夕の気温・気候変化に体調気をつけられてくださいね


今日は霊柩車の三カ月点検の依頼に行きました。そのとき、そこの社長と話した内容をちょっと書きますね。世論で、参議院についての事です。

安倍内閣がずっと掲げてきた国民への約束とも言うべき、消費税増税。10%まで増税をいつするのか。
増税は延期と表明した安倍総理。
これを、麻生議員は猛講義。
安倍内閣の指針とも言うべき【消費増税】をくつがえしてまた延期するぐらいなら、議員をやめる!とまで言いました。
言っていたのに、次の日コロッと態度を急変させ、安倍首相とカメラの前でにこにこ。

消費税増税の延期は、私たち国民にすればホッと安堵するところですが、日本の借金は、ギリシャより遥かに多いのです。
 今、日本国民として生まれてくる赤ちゃんは、すでに800万ほどの借金を背負っているのです。(一人ひとりが800万。)
それを考えれば、増税致し方なし、とも思えるのですが、国内外の有識者はことごとく消費税10%引き上げを反対、もしくは提言しています。
『安倍総理は周囲のこうした意見を聞き容れて、増税先送りをした』という見方と、
『もともと自作自演(やらせ)で、増税見送りは決まっていた』という声も少なくないのです。

さんざん、増税延期に反対していた麻生議員は、ここにきて安倍首相と和解(?)した理由は、解りません。反対→賛成への急変は一夜で起こっています。

記者が、どんな話し合いが行われていたのか聞いても答えない麻生さん。
記者が「なぜ姿勢を変えたのか、理解できないのですが?」と言った言葉に、麻生さんは記者に
「あんたの理解は要らない」と返しました。

記者の言葉はいち国民の言葉だと思っているので、このニュースを見たとき、絶句しました。同じくニュースをご覧になられた方も驚かれたことだろうと思います。
どんな話し合いが行われていたのか、明らかにされていません。

残念な話ですが、安倍内閣、こうした(安倍総理と麻生議員の話し合い等の)重要事項の決定が国民に明らかにされず進んでいくことがままあるみたいです。


サミットのために二十数億かけて施設建設をするのはこの国くらいではないでしょうか...若干滑った感もあるという追い打ち。
せめて議会が、有意義なものになっていればいいですね。。。
安倍首相、再選のあと数か月でまた選挙をして(たっぷり税金を使って。)、あと数年は、安倍首相は国の代表であり続けます。

政治への姿勢はすごいなぁと思えますが、下す決断が、国民の支持を得られるようなものになっていってほしいなと思いますね。

(枡添さんの話はもうおなかいっぱいだと思うので控えます(笑))