岡山の<葬儀><家族葬><直葬>お葬式は、「ずいうんどう葬祭」へ

〒701-1152岡山県岡山市北区津高489-5

トップページ > ずいうんどう日記 > 2016年3月アーカイブ

2016年3月アーカイブ

仏教について⑬のつづき

 今までのことを考えると、 "我" が強いうことは 魂が目覚めていない、ということにほかなりません。

 魂が目覚めれば "我" を制して自然に "我" は引っ込むはずです。 魂が目覚めていないから、"無明" の "我" をのさばらせているのです。

 生死をこえて、無限に進化してゆくのは、人間の内なる魂であって我意識ではありません。
 肉体は生命活動の命数がくれば地上の土に還ります。  "我" 意識も肉体とともに消滅してしまいます。
 このように人間の "霊" が、この世に肉体生命をあらわす目的は、その生命の中に、魂を目覚めさせ、霊的進化へと進ませるためです。


 「その魂が、 "我" の陰に隠れて目覚めないまま終わるのでは "霊" が肉体生命をあらわした意味がないね。 じゃあ次の一生で最初からやり直しってことかー」 ってことになってしまう......しかし。

 しかし、次の一生では、この一生よりも宿命として、大きな 「苦」 を負うのは必然です。 なぜなら、 「苦」 とは、 "魂を目覚めさせるための進化の法則" から生まれているものだからです。
 その 「苦」 によって "我" 意識の間違いに気づかせるためです。
 やがて魂が目覚め "我" を制してしまえば、 「苦」 もまた自然消滅するわけです。

 こうして魂は、肉体生命現象の世界から脱して、無限に向かって霊的進化へと進むのです。





 以上が "十二因縁" で示されている、釈尊の教えの内容です。

ここから極論で下手なりにまとめ的なものを書いていきますと、

 仏教では、 "生" を 「苦」 としています。輪廻転生の概念が前提であるからです。
  「魂」 を錬成しながら 「我」 を制するために歩む人生を、出生の必定とし、そんな 「苦」 が続く輪廻の巡りから 「魂」 を開放することを目指す教えとしています。
 しかし、私たちが、どんなに善行をし座禅を組んで瞑想をし、たとえ出家して、俗世との縁を絶とうとも、 "生" の中では不可能と書かれています。
生きている間、善行をし座禅を組んで瞑想をし、出家して、俗世との縁を絶てば、僅かずつにでも魂は磨かれていきます。その限りない積み重ねで、ひとつの魂は何度も何度も人生を送り、ようやく、ほんとうに何万、何千万という年限を経て、高い別次元へと 「魂」 は昇華し、人間としてまた生まれてくることをやめるのです。
 そのうちのひとつの生涯で、罪を犯したり、怠惰をおくる人生があったら、次の人生でその魂はさらに苦境を味わいます。 しかし、仏教道は、どんな大罪人や極悪人であろうとも、「魂」 に救いがくると教えています。

その魂の錬成を段階で教えているのが十二因縁です。おおまかな流れはこんな感じかなかな( ・ ω ・ )


般若心経を海外ではハート・スートラといい、アメリカでは300万人を超えて人口の1%を占め、ヨーロッパでも100万人を超えています。
IT界の神的存在だったスティーブ・ジョブズを筆頭にリチャード・ギアやタイガー・ウッズ、またおおくの俳優陣も仏教徒となっています。国会議員にも二人仏教徒を公言していますね。
(日本の国会議員もクリスチャンは多いです。麻生議員や石破議員など)

若い俳優さんなどは、家は仏教だけど自身は宗教は考えてない、とう公言している方がいますが、花火大会やお祭りに訪れたりお米を食べているから、「はぁ(苦笑)」です。
米国や欧州に、無宗教だというと大変です。『宗教は人間の尊厳』だという概念が根付いているからです。
アメリカのキリスト教の牧師が、ネットでイスラム経の聖典を燃やしている動画をアップして、戦争になりました。日本やアジアの信仰心の薄い人からみれば「ひどいことするな」の感想で終わるかもしれませんが、、、された方はそんな程度ではありません。
 それだけ『信仰』が自らの核となっているのです。個々の考え方や生き方があるのに、それを、他宗を足蹴にするような教えはおごり以外なんでもないかもしれません。なんだかつらいですね。。。(残念ながら日本の宗教にもそういった教えを説いている派があります)

日本は古来より、死んだ人はその家の守り神になるとされています。
だからご先祖様を大切にするのです。海外の方から「お墓参り人」と称されるのもわかりますね(笑)
(それ、神道じゃね?お墓って、仏教じゃね?とかは黙れ小童!祖霊は敬うものじゃ!説明するとなるときちんと紙媒体で調べ上げてお伝えしないとなので、黙れ小童!)
死ねばその家の守り神になりますが、衆人に認められれば、神と聞いて私たちが想像するような存在になることができます。
よく知られているのが、菅原道真ですね。全国で祀られています。無念の死にあい酷い災厄を起こし、その魂を鎮めるために神に召し上げられ祀られました。
徳川家康も、神です。天下泰平を成したので神として祀られています。
人為でどうにかできるようなことじゃないです。ここまでしないと有名な神にはなれません(笑)

と、日本人は神、神とさらりと呼びますが、海外では軽々しくGODとはあまり言わないそうです。oh,My God!ってフレーズも、oh,My!っていうらしいです。


(......終わるタイミング逃した...どうしよ...)













 oh,My!