岡山の<葬儀><家族葬><直葬>お葬式は、「ずいうんどう葬祭」へ

〒701-1152岡山県岡山市北区津高489-5

トップページ > ずいうんどう日記 > 2013年11月アーカイブ

2013年11月アーカイブ

BGMつづき~


| コメント(0) | トラックバック(0)

葉加瀬太郎さん、羽毛田 丈史さんいいわぁ~(^艸^)

壮大...

imageのヒーリングアルバム(オムニバス)1いいですよ^^

久石譲さん「もののけ姫 イメージアルバム」も雄大でいいわぁ~アシタカ攝記いい~

 

癒し・・・

徒然


| コメント(0) | トラックバック(0)

雨ですねー(・_・)大粒の雨ー

雨は呼吸楽になるので、しっとりしてて嫌いじゃないですが、

最近、雨の日に頭痛がするようになってしまった...昔は気圧とか全然気にならなかったのに、

どうしたことだろう...

気合いが足りないのか?(・_・)

 

雨が続くと気圧がさがって怒りっぽくなるせいで離婚率が上がるそう(笑)

 

晴耕雨読、読書しておとなしくしてよう...

うぇいうぇい(^○^)/

久石譲さんのアルバムはいくつか持っているし坂本龍一さんの楽曲もこころ揺さぶられるものばかり...泣いちまった(:_;)

BUT!フリー素材としてWeb上で公開と配布を下さっている方々!

本当にありがとうございます!和風はアップテンポは切れよくて激しいイメージで、スローテンポも和楽器独自の哀愁が超いい...

洋風も楽しませて頂き、こころ揺さぶられます。カテゴリーも多ければ、さらにその中でバリエーションも多い......微妙な違いで感じる情景が全く違うんですね...

 

作曲される方にそのセンスに脱帽、聴かせて下さることに感謝をささげます。

本当に本当に、ありがとうございます...っ(;O;)

前の日記(次元...)驚くくらいグダグダでした(~∀~;)でも書いてて楽しかった。

さて、仏教について⑤で戒律について少しだけふれましたが、今回も単発です。差別について書きたいと思います。

差別は一般的には、「差別、偏見、いじめ」と並べて言われたり、良くない特別扱いを差別と呼び、けしていい意味ではあまり使われません。

しかし、仏教においての差別は、逆なのです。

個々の違いを、それぞれが違うからこそ良い、という考えで差別と呼んでいます。

顔の美醜、成績が善し悪し、他人への羨望と嫉妬は、自分を他と比べるから生まれるのです。例えばもし、自分ひとりしか居ない世界で、自分の顔がいいかわるいかなんて考え至ることはないし、自分の背が低くても、太っていても何も思わないでしょう。

他と比べてしまうから、負い目や劣等感が生まれるのです。

テストで80点とって、もしそれが努力の結果で、前の点数より良かったら、満足の方が大きいはずです。

仏教の思想は空(くう)。空(くう)は、からっぽではなくゼロの意味合いで、宗派によって細かい違いはあれど、空(くう)は自分を見つめるものであるのです。

自分を見つめるために、他との比較は少なからず要るでしょう。羨望の後、努力をすべきだと思い行動をすればいい。これは差別とはまた一線を画します。

 

仏教の差別、その教えは、「みんな違うからこそ、良い」、のです\(*^∀^*)/

 

次元...


| コメント(0) | トラックバック(0)

よく二次元という言葉を耳にします。

小説や漫画がこれですね。さらに或る作品をもとにした、二次創作というものもありますね(二次創作作品も楽しい)

後者は、同人ですね(今昔の同人誌は大きく異なりますが...)著作権法の関係で法律、ちょっと置いておきますね。すみませんす(*_*)

前者。数学。

(難しいこと書けないのであしからずです)

一次元は点【・】の世界、二次元は、点の連鎖の線【ー】(高さ【」】)の世界、三次元はさらにこの高さに【奥行き】【時間】が加わります。生きとし生ける私たちの世界です。

次元の説明で、「映画を観るのがいい」と教えてもらったことがあります。

映画は、スクリーンで隔たった世界を、時間軸を別にして、俯瞰として見ることができる、と考えるヒントとして言われました。

 

(間)

 

「‥‥‥‥。」

↑ というようなことを、書く側、読む側、さらに二者の時間のやり取りを解り易くみるのです。

映画の物語と私たち鑑賞者、二者のやり取りと俯瞰している私たち、の関係が異次元ですね。光は特別で〇次元(零次元)です。点も形もなく、時間すら超越した特異野郎が「光」。

相対性理論を勉強されるなら、特殊相対性理論から入らないと、難易度アップです。

解りやすさを謳っている数学関係の読み物をいくつか読み、ますますわかんなくなってしまったんです(汗)思考回路的な問題が‥?

(アインシュタインすごい、特殊相対性理論と相対性理論をほぼ一人で打ち立てたのです。・`'+(゜゜)*∴+・。日本に来た時わたしもお話聴きたかった...生まれてないけど...物理学と数学と、平和の父上...

(そういえばまったく関係ないですが、IWGPのキングって、王様じゃなくて、奴隷解放の英雄キング牧師からとったって言ってましたね)

 

物理学と言えば、

最後の古典物理学といわれる「ラプラスの悪魔」が、詩的で好き...ハイゼンベルグの「不確定性原理」というゴーストバスターに打ち破られましたが、そんなの問題ではなく、物理学とは別次元で好きなのです。

次元ってそんな感じ!

ブラックホールもその周囲は、別次元です。近づいてもブラックホールってわかんないのに、近づいたものの時間は、なんと遅くなるそうです。ロマンだ(^///^) 

今回は単発、戒律についてです。

仏教用語としての戒律をすこしご紹介。

 

 戒と律はもともと別の言葉です。戒は梵語(サンスクリット語)でシーラといい、規律を守ろうとする自発的な心の働きです。律はビヤナといい、罰則を含む他律的な規範を意味しています。

釈尊は、最初から戒律の条文を制定したのではなく、教団の中に不都合を起こすものがある都度、それに応じて定められていきました。(「随犯随制(ずいはんずいせい)」という)

戒には、在家の戒と出家の戒があります。在家の戒には一般的に次の五戒が与えられています。(浄土真宗には戒は無い)

一、不殺生...生き物を殺さない

二、不偸盗(ふちゅうとう)...盗みをしない

三、不邪淫...不倫をしない

四、不妄語...うそをつかない

五、不飲酒(ふおんじゅ)...酒を飲まない

 

出家には本来、男僧(比丘(びく)という)の場合は、二百五十戒、尼僧(比丘尼(びくに)というの)の場合は、三百四十八戒もの戒が与えられていましたが、現在の日本の僧侶には、在家とほぼ同内容の戒しかなく、結婚し一般人と変わらない家庭生活を営んでいます。これは仏教国の中で日本だけの現象だそうです。(チベット仏教のの中にも、妻帯している僧侶はいますが、僧としては低い位におかれています。)

 

ともかくも、、ユダヤ教やイスラム教の人が厳格に戒律を守るのに対して、私たち一般人は戒律にあまり観念を持っていません。

牧畜業や漁業従事者は不殺生にふれ、三三九度のお神酒や祝いの席での飲酒は不飲酒に、医者が患者に頼まれ親族につく嘘は不妄語にふれていないか。

挙げたらきりがないし、親と子で、宗教を違えての同居もざらです。八百万の神々をまつる日本人独特の、【受け入れる】という精神が、もしかしたら他国民からみたら理解が難しく映るかもしれませんが、

「周囲に流されて自分がない」のではなく、「自分の意志もった上での行動」を目指せたら、人の目人の評価は自身と関係がないのだと、そう思えてくるかもしれません。

 

 

 

 

以下私事の徒然↓

かわってるね~っていうのは、褒め言葉。周りと同じじゃ、だれか他の人に自分の代わりがきいちゃうじゃん。(ここたぶん、仏教においての【差別】にあたります(゜.゜)次は差別について書こうかな)とか思いつつ、「普通」でいる難しさを実感させられていますσ(。・_・。)

昨日から冬将軍がやってきて本格的寒さが身にしみるようになってきましたが、

皆様寒さ対策は大丈夫ですか?

原は窓の下のほうに仕切りをしていますよ、防寒っす。部屋の膝掛は買い間違えて毛布です(笑)

冬将軍がいらしたってことは、...鍋奉行が近々現れる!鍋奉行、肉の置き方一つで怒られる怖い!

 

霊柩協会の方がいらっしゃったそうです。

ご指導ご鞭撻頂きありがとうございました!押忍!

(原休み頂いておりましたので現場見ていませんが‥☆)

 

この仕事はいろんな協会や省の認可許可が必要で、

たいへんだなぁと思いました。

(そのうちこっちにお鉢が回ってtくるんだろうなぁ...)0o。(*∀*`)

仏教について ①  仏教について ②  仏教について ③ 

のノリでお送りします、今回は~...

(あ...書く予定の量見たらテンションが落ちてきました...いやいや、『集中力はやり始めてしか起こらない』......!!お付き合い宜しくです)

 

 

世界には様々な宗教があり、今現在新興宗教がたくさん出てきていますが、宗教は英語で訳すと、たしか"皆で繋がる"的な意味だったと思います。(←原おはこの「うろ覚え」!)

しかしどんな宗教の根幹は、教え、即ち経典ではないでしょうか。

(各民族や部族での習慣から発生した教え等はちょっと今回横に置いておきます)

 

【お経について】

大きいところで、

キリスト教→バイブル(旧約聖書・新約聖書)

イスラム教→コーラン

仏教→(膨大なので絞ります)日本→「大正新脩大蔵経」

 

 

【大正新脩大蔵経(だいしょうしんしゅうだいぞうきょう)

 85巻、各1000頁(ページ)。漢文の仏教の集大成。

 (一般に「大蔵経」と呼ばれているのが、これです。

  そしてこれとても大きいんです。よゆうで背丈以上の大物です。)

この内容を大きく分けると、

・仏陀の説法を記した経(スートラ)

・仏弟子として守るべき戒律(ヴィナヤ)

・教理の研究所の論(シャーストラ)

このスートラ・ヴィナヤ・シャートラの集成が、【経蔵】【律蔵】【論蔵】の三蔵。

(ちなみに、三蔵法師はこの三蔵すべてに通達した僧の敬称。孫悟空の玄奘三蔵すごいなっ)

 

一般に私たちが言う「お経」は、このなかの経蔵に属する部分を指します。

(「大蔵経」と言うと、広義で三蔵を指します。)

狭義の意味での「お経」=釈尊の説法の内容を記したという記したというお経。

 

 

 

「如是我聞(にょぜがもん)、一時仏在、○○○(場所名)、俱○○(弟子名)」

     【仏陀が仏弟子たちと共に、ある場所に滞在した時に話した説法を、

     "我はこのように聞いた(如是我聞)"と前置きをつけて語りだす、冒頭分。

     「如是我聞」は「経典」であるために、必要条件"的"な句。】

 

                 ※ちなみに、「如是我聞」のこの「我」は阿難尊者(あなんそんじゃ)

                  されています。

                     阿難尊者は釈尊の異母弟で、常に釈尊の身の回りの世話をし、

                  釈尊の説法をより多く聞き、多聞第一(たもんだいいいち)として十人弟子

                  のひとりとされています。

 

 

 

釈尊の教え(説法)は、初め、文字ではなく、弟子それぞれが暗記して伝えました。

釈尊入滅後、数百年後くらいから口伝が筆写に。

数百年後、とは、仏教が拡大し部派に分かれて、教義的対立などがおこるようになってから、だといわれています。

 

 

 

っふーーーーε=(^▽ ^;)ゞ

 

 

 

大乗経典‥‥‥紀元前一世紀頃、衆生救済を重視する大乗仏教の運動が展開され、

           次々に大乗経典が作成されました。

 

         「般若経」、「法華経」、「無量寿経」、「華厳経」、これらを初期大乗経典といいます。

 

         「中論」...般若経の"空"思想を論理づけた、竜樹(りゅうじゅ)の「中論」

         「唯識三十頌」...唯識哲学を完成させた、世親(せしん)の「唯識三十頌」

         「解深密教」

         「楞伽経(りょうがきょう)」

         「勝鬘経(しょうまんきょう)」

                                    ‥‥‥等を、中期大乗経典といいます。

 

 

 

他、代表的な経典は、  ・開経偈 ・三帰依文(三帰礼文) ・四弘誓願文 

 

               ・回向文(普回向) ・法句経 ・経集 ・般若心経 ・華厳経 

 

               ・法華経 ・観音経 ・維摩経 ・無量寿経 ・阿弥陀経 

 

               ・観無量寿経 ・涅槃経 ・大日経 ・金剛頂経 ・理趣経 

 

               ・舎利礼文 ・十句観音経 ・正信偈 ・修証義 ・坐禅和讚

 

                 (順不同)

 

 

 

 以上です。(^ー(^ ♪達成感

 読んで下さってありがとうございました!

 

 キーボード打つときに手がだるくなるのはキーボード打つ時の手の角度の問題らしですよ、手首の下に何か敷くぞよ

次回は久々「仏教について」を書きます^^

と、言いつつも~

時間ない時は「仏教について」を書くのがちょっと難しいのだなとようやく思い至りました。なーん。 

 

ちょっと私ども【ずいうんどう葬祭】のイケメンをご紹介。

当会館でご葬儀をされた方が、お通夜~告別式の間で記念撮影しちゃうくらいのイケメン。DSC00024.JPG

 

アダムスファミリーみたい。

可愛いわぁ(///∀///)